塩尻市立図書館

HOME利用案内データベースサービスのご案内

データベースサービスのご案内

本館(えんぱーく)と広丘図書館(えんてらす)では、次のデータベースを閲覧できます。新聞や雑誌の記事検索、法律・判例情報、事典の検索や閲覧などを無料でご利用いただけます。調査研究にご活用ください。

利用できるデータベース

データベース一覧
データベース名 ジャンル 内容
信濃毎日新聞統合データベース 新聞 信濃毎日新聞の1873(明治6)年7月5日の創刊号からの紙面が収録されています。1995(平成7)年7月1日付からは、記事テキストのキーワード検索ができます。
聞蔵II for ビジュアル 新聞 1945(昭和20)年からの朝日新聞縮刷版の紙面を収録した記事データベースです。1985(昭和60)年以降の記事は、全文検索方式でテキスト本文を表示して読むことができます。雑誌「AERA」「週刊朝日」の記事も収録されています。
日経テレコン21 新聞 ビジネスマンをターゲットにした情報が豊富で、日経各紙の記事のほか、国内外の企業情報、人物プロフィールなど幅広いビジネス情報を検索することができます。
第一法規法情報総合データベース 法律 憲法から告示まで3万1千件余の法令、約22万件の判例とこれを理解するための要旨・解説情報、また、幅広い収録対象誌から収集した約64万5千件の文献情報等の法情報を調べることができます。
ジャパンナレッジプラス 事典 百科事典・辞書・ニュース・学術サイトURL集など、40種類以上のコンテンツを一括検索することができます。
ルーラル電子図書館 農業 月刊誌「現代農業」や、「農業技術体系」などの農山漁村文化協会が出版した書籍データを検索・閲覧できます。病害虫情報など、農業に関連した様々な情報を閲覧できます。
官報情報検索サービス 官報 1947(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行日以降から当日発行分(当日分は午前8時30分以降に公開)までの官報(本紙、号外、政府調達公告版、資料版、目録)を検索できます。
国立国会図書館デジタルコレクション  

国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。
このうち、「図書館向けデジタル化資料送信サービス」の対象となっている資料を閲覧できます。
これは、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、国立国会図書館の承認を受けた図書館に限り、デジタル画像の閲覧等の利用ができるサービスです。

※本館(えんぱーく)のみ利用可

利用方法

設置場所

  • 本館(えんぱーく)、広丘図書館(えんてらす)

利用時間

  • 利用時間は、1回1時間までです(次にお待ちの方がいない場合、延長が可能です)。 開館時間から閉館15分前まで申し込みを受け付けております。利用は閉館5分前までです。カウンターで「インターネット・データベース閲覧席申込票」を記入して、図書館の利用者カードと一緒に提出してください。

利用料金

  • 無料

印刷

  • データベースの利用規程の範囲内で印刷ができます。
  • パソコンから直接の印刷はできませんので職員にお申し出ください。
  • 《サイズ》A3まで
  • 《料金》モノクロ1枚10円・カラー1枚50円(A3のみ1枚80円)

利用上の注意事項

  • 持ち込みのUSBメモリ等は、使用できません。
  • データベースの使い方は、パソコンに備え付けの利用マニュアルをご覧ください。