2001(平成13)年に子どもの読書活動の推進に関する法律が施行されました。塩尻市も読書活動を活発にする目的で、社会教育課に読書推進アドバイザーが配置されました。
その後、本と人の結びつきをより進めるため、2007(平成19)年に図書館所属となりました。

現在は、塩尻市の読書活動をさらに活発にするため塩尻市市民交流センター「えんぱーく」内の図書館本館に読書推進アドバイザーが常駐しています。

読書推進アドバイザー紹介

北原 まり(きたはら まり)【2020(令和2)年4月から】

●保有資格
 ・司書
 ・絵本専門士
 ・日本図書館協会児童図書館員専門養成講座修了
 ・JPIC読書アドバイザー
 ・SDGs for School認定エデュケーター
 ・保育士
 ・幼稚園教諭

読書推進アドバイザーあいさつ

こんにちは。読書推進アドバイザーの北原まりです。
図書館でのおはなし会・読み聞かせ講座の他、保育園・小学校など市内外に出向いて、読み聞かせやさまざまな講座を行っています。

主な活動内容と対象、講演依頼について

主な活動内容としては、次の通りです。

  • 本に関するイベント(読み聞かせ、絵本講座、ブックトーク、講演など)
  • 保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、保護者、保育士、公民館、地域のサークルなど

講座での講師もお受けしています。電話、メール、図書館カウンター等でお気軽にご相談ください。
ご希望の内容を確認し、改めてご連絡いたします。

派遣が決まったのち、次の派遣申請書の提出をお願いしています。
塩尻市読書推進アドバイザー派遣申請(PDF)

おはなし会(写真)
おはなし会
調べ学習の講座(写真)
調べ学習の講座

お問合せ・申し込み

塩尻市立図書館
〒399-0736 塩尻市大門一番町12番2号
Tel:0263-53-3365 / Fax:0263-53-3369
Mail:tosho@city.chiojiri.lg.jp

これまでの塩尻市読書推進アドバイザー紹介

初代 上石 嘉代子(かみいし かよこ)【2005(平成17)年3月まで】

小学校の教員として、子どもたちの読書活動を推進するために、朝の読書を始めさまざまな取り組みを行ってきた。退職後も、精力的に活動を続け、「ブックスタート事業」の実施を市に働きかけ2002年に事業が始まった。子どもたちへの読み聞かせに力を尽くし、2010年に長野県内で初めて社団法人読書推進運動協議会の「第40回野間読書推進賞」を受賞。

2代目 小宮山 誉子(こみやま たかこ)【2005(平成17)年4月から2009(平成21)年3月まで】

長年、ボランティアで子どもたちへの読み聞かせを行うとともに、本や絵本の勉強を続け、JPIC読書推進アドバイザーの資格を取得。塩尻市の読書推進アドバイザーとなり、えんぱーくの設立会議に参加。各地区の公民館講座などを通じ、本への関心を促し、ボランティアによる小中学校、保育園などでの朝読書の基礎を作り、「塩尻市読書活動グループ連絡会」の立ち上げに関わった。

3代目 松本 美幸(まつもと みゆき)【2009(平成21)年4月から2020(令和2)年3月まで】

読書推進アドバイザー3代目として着任し、11年間、移転した新図書館の児童サービスを牽引した。積極的に数々の新しい取り組みやイベントを行って利用を増やし、絵本専門士の資格を取得し、県内初の1期生としても活躍。中学生、高校生、保育士、熟年など幅広い年代に向けて読書活動を推進した。