塩尻市立図書館

HOME各種サービスのご案内医療・健康情報(脳卒中について調べる)

医療・健康情報(脳卒中について調べる)

塩尻市立図書館で脳梗塞や脳出血などの「脳卒中」について調べるときの方法や、図書館以外で得られる関連情報をご案内します。

インターネットで塩尻市立図書館の本を探す

トップページにある検索窓にキーワードを入れて「検索する」ボタンを押してください。

検索するときのキーワード例

脳血管疾患、脳卒中、脳梗塞、クモ膜下出血、脳出血、脳塞栓、ラクナ梗塞、生活習慣病、成人病、後遺症、高次脳機能障害、リハビリ など

うまく調べられないときは、「本の調べ方」をご覧ください。

書棚を見て探す

図書館の本には、内容に応じて背に数字(分類記号)が書かれたラベルが貼られています。脳卒中の分類記号は「493.73」で、本館2階3番Bの書棚にあります。
 

iryo2.JPG

塩尻市立図書館が所蔵する関連資料

塩尻市立図書館(本館・分館)にある本の一部をご紹介します。タイトルをクリックすると詳しい情報を見ることができます。本は、お近くの館に取り寄せることができますが、辞典類など館外貸し出しができない本もあります。詳しくはお問い合わせください。

脳卒中について調べる本

脳卒中の再発を防ぐ本 イラスト版』平野照之/監修、2019
詳しくわかる脳梗塞の治療と安心生活 (最新医学図解)』高木誠/監修、四津良平/監修、主婦と生活社、2018
脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 (よくわかる最新医学)』高木誠/監修、主婦の友社/編、主婦の友社、2018
身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策 備えて安心』鈩裕和/監修、自由国民社、2017

リハビリについて調べる本

図解脳卒中家庭でできる簡単リハビリ 寝たきりにならずに早期社会復帰をめざす』三好正堂/著、実業之日本社、2014
脳卒中リハビリガイド 生活の質を高める105のコツ 第2版』田口芳雄/監修、学研メディカル秀潤社、2014
脳卒中後のおいしいリハビリごはん 自宅でできる食事プラン』輝生会 初台リハビリテーション病院・船橋市立リハビリテーション病院/著、女子栄養大学出版部、2013 
脳卒中・脳外傷者のための自動車運転』林泰史、米本恭三/監修、三輪書店、2013

医学辞典で調べる

特定の病気の概要をつかみたいとき、わからない医療用語や薬について調べたいときは、辞典類をお使いください。

南山堂医学大辞典 20版』南山堂、2015 ※館内資料
病院で聞くことば辞典 新版』浜六郎/著、岩波書店、2010
家庭の医学 第2版』野村馨/総監修、成美堂出版、2013

医薬品について調べる

今日の治療薬』浦部晶夫/編集、南江堂、2020

脳卒中の闘病記

脳卒中の体験記を読みたい場合は、本館2階4番Bの書棚「闘病記コーナー」をご覧ください。「闘病記コーナー」の本は背表紙に病名のラベルが貼ってあり、病名の50音順に並んでいます。脳卒中の闘病記には、「脳卒中」の他に「脳梗塞」、「くも膜下出血」、「高次脳機能障害」などのラベルが貼られているものがあります。

夫が脳で倒れたら』三澤慶子/著、太田出版、2019
生還』小林信彦/著、文藝春秋、2019
脳梗塞日誌 病棟から発信! 涙と笑いとリハビリの100日間』日垣隆/著、大和書房、2016
僕の声は届かない。でも僕は君と話がしたい。』近藤崇/著、KADOKAWA、2015

新聞、雑誌記事を探す

新聞や雑誌に脳卒中についての記事が掲載されることがあります。また、医療に関する時事ニュースを調べたいときも新聞、雑誌記事が活用できます。図書館本館では、専用のデータベースで日付やキーワードなどから記事を探すことができます。利用される際は、1階総合カウンターでお申し込み下さい。

  • 新聞記事データベース
    「信濃毎日新聞データベース」(信濃毎日新聞)
    「聞蔵2」(朝日新聞)
    「日経テレコン21」(日経各紙)

医療健康について最新の情報を得るにはインターネットが有用です。インターネットで調べる際は、より信頼性の高い情報を得るために日本インターネット医療協議会(JIMA)の「インターネット上の医療情報の利用の手引き」などをご参照ください。

塩尻市の窓口で相談する

塩尻市では、心や体の健康のことで困ったときに相談できる窓口を開いています。くわしくは市健康づくり課(0263-52-0855)へお問い合わせください。

医療・健康情報のご利用にあたって

図書館で医療・健康に関する情報を探す場合には、以下のことにご注意ください。

  • 医療情報は日々変わっていくため、図書館が提供した情報だけがすべてとは限りません。
  • 図書館として特定の健康法・治療法・医師・病院・くすりを勧めるものではありません。
  • 図書館員は、病状の診断や治療の判断などを行うことはできません。提供した情報は、医師等と相談するための補助的なものとしてご利用ください。